デオドラント用のブレンド方法

デオドラント効果のある精油はたくさんあります。

デオドラント効果が高い精油としてあげられる代表的な精油はレモングラスです。イネ科の植物ですが、香りは柑橘系に分類されるこの精油は清涼感とほのかな甘さがある香りで、室内の匂いに対するデオドラント効果が高く、ペットのにおいやたばこのにおいにも有効です。また、この香りは光毒性がないので、日中でも使えるのが特徴です。

2つ目の精油はサイプレスです。この精油そのものがデオドラント効果が高く、空間に対しても体に対しても効果があります。日本人にはなじみのあるヒノキに近い香りで、ヒノキ風呂から想像するように、清潔感がある香りなので、サイプレスはデオドラントには最適です。柑橘系の香りとも相性がよく、ブレンドには使いやすい精油です。

3つ目の精油はパインです。果物のパイナップルではなく、松のパインです。森林浴をするときに感じる香りの1つで、このエッセンシャルオイルは抗菌効果が高く、体臭予防に大いに役立ちます。ただし、刺激が強めの精油なので、ブレンドをする際には注意が必要です。

これらの精油を10滴を超えないように好みの割合で無水エタノール5mlに混ぜてよく溶かし、その後蒸留水やミネラルウォーター100mlを加えて混ぜます。これを匂いが気になる場所にスプレーするだけで、効果が得られます。

コメント

コメントを受け付けておりません。