ジャワ種とセイロン種の違い

エッセンシャルオイルの基本的な性質や特徴は同じですが、成分の含有量に違いがあります。ゲラニオールをはじめとする主成分の含有量にかんしては、セイロン種よりもジャワ種の方がずっと多いのです。
このエッセンシャルオイルには、防臭、消臭、虫除け、それから精神を高揚させたり、頭痛、神経痛の緩和、感染症予防といった機能があります。ジャワ種からとったオイルを使用すると、こうしたさまざまな効能が、より効果的に働くことになります。そのため、ジャワ産にこだわって製品を仕入れているショップも多いようです。
ただし、ゲラニオールなどは香り成分でもあるため、ジャワ種は鮮烈で強い香りを持っています。もしも香りが苦手であるとか、強すぎると感じる方は、セイロン種のオイルを選ぶとよいかもしれません。
また、このオイルは前述のように虫除けや消臭作用があるため、ペット用に使用している方も多いようですが、ペットには香りの弱いセイロンものの方がよいかもしれません。
ちなみに使い方は、オイルを薄めてトイレにスプレーすると、悪臭のもとであるトリメチルアミンやアンモニアを吸収して、においを消します。また、ぬるま湯にオイルを1~3滴程度入れてペットを洗ったり、拭いたりするとノミ、ダニなどの寄生虫予防になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。