お肌への効果効能について

スリランカや中南米を原産地とするイネ科の植物で、その葉は最大1メートルほどにまで成長し、刈り取っても名さえ残っていればまたすぐに伸びてくるという生命力の強さが特徴です。 精油として使われるようになったのは19世紀ごろからと歴史が古く、その当時は虫除け効果のあるロウソクとして原料に使用されていました。 様々な優れた効能があり、代表的なのが虫除け効果と消臭効果です。 少しレモンに似たような芳香は特に蚊に対して非常に強い忌避作を発揮すると言われています。 このハーブの精油を使用したアロマスプレーをお肌に吹きかければ蚊が寄り付かなくなり、夏場のレジャーなどでは人体に優しい天然の虫除けスプレーとして役に立ちます。 またペットの体毛に吹きかければノミ対策にもなりますし、コットンに精油を染みこませてクローゼットの中に置いておけば防虫作用も発揮するという、非常に実用的で万能性溢れるハーブです。 もうひとつの特性が、優れた消臭効果です。 アンモニア臭を吸収してしまう作用がありますので、トイレなどのニオイ対策にも大変有効的です。 さらに精油を配合した手作り石鹸やボディーソープで体を洗えば汗が臭わなくなるとも言われており、デオドラント効果も期待できます。

コメント

コメントを受け付けておりません。